更年期

更年期におすすめの市販の漢方

 

女性が閉経の前後約十年間に悩まされると言われている更年期症状、人により起きる体調不良の内容や度合いも違い、更年期すら全く意識しないまま過ごせたというラッキーな方も少なくはないようです。

 

しかし大部分の女性は皆、大なり小なり何らかの体調の変化を感じながらその時期を過ごしていることが一般的で、次から次へと起こる体調不良に寝込んでしまったり、精神が参ってしまい鬱状態になってしまう方もいらっしゃるようです。
最近ではこの更年期が、テレビや健康雑誌など、様々な媒体で取り上げられるようになり、老若男女問わず少しずつ理解されていくようにはなってきましたが、それでもやはり病気として深刻にとらえて認識する方はそう多くはなく、この辛さは経験した女性にしかわからないと言われています。

 

ほてりや冷えのぼせ、頭痛や肩こり、イライラや不安感、動悸、めまい、耳鳴り、これらの症状が次々と襲い掛かり、日常生活を送るのさえ辛い場合は、婦人科での適切な治療を行うことをお勧めします。しかしどうしても婦人科へ来院することが億劫であれば、市販でも更年期症状を緩和する効果のある漢方薬が販売されているので、こういったものから始めてみるのも良いでしょう。

 

つらい更年期障害の時期におすすめのアイテム

 

関節痛には、「膝関節痛」、「股関節痛」、「肘関節痛」等があります。膝関節痛は、加齢によって骨を支える筋肉が衰えて膝への負担が増して痛みをもたらします。また、膝を多く使ったことで膝軟骨が磨り減ってしまい、膝関節痛になることもあります。長年に渡って、歩き続けたり、スポーツで走る機会が多かったりすると膝の関節痛が起こりやすくなります。

 

股関節痛は、股関節自体もしくは、周囲の筋肉に痛みが起こります。股関節自体の痛みの場合、加齢により軟骨が磨り減ることで起こります。股関節の周囲の筋肉痛の場合、関節の痛みをかばったことで筋肉疲労を起こして痛みが出ていることが多いです。肘関節痛は、スポーツなどで肘を酷使して起こる「野球肘」、「テニス肘」、「ゴルフ肘」が多いです。また、慢性の関節リウマチの場合に肘の表側に硬いしこりができて痛い場合もあります。

 

関節痛の原因になる病気や症状には、関節リウマチや関節炎などがあります。日頃から関節の負担を減らしたり、温める、バランスの良い食事などで関節痛をある程度予防することができます。加齢による膝軟骨の磨り減りなどには、コンドロイチンのサプリメントも有効です。

 

関節痛におすすめしたいサプリメントはこれ!

続きを読む≫ 2015/07/08 13:57:08